読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超便利!無線トラックボールマウスをおすすめしたい3つの理由

実用

こんにちは、なおしーです!

 

今日はズボラな私が愛用しているトラックボールマウスを紹介します!

 

パソコンを買ったときの付属品が普通のマウスなので知らない人も多いかもしれませんが、知っていしまうと戻れないトラックボールマウスの利点をどうぞ!

  

 

トラックボールマウスって何!?

まずはこの写真を御覧ください、見た目はこんな感じです。

 f:id:n2a5o2c0:20161102235317j:image

 

左側についているボールが特徴的です。

 

f:id:n2a5o2c0:20161102235812j:image

 

このように持って、親指でボールを転がすことでマウスカーソルを操作できます(手が汚くてすみません)。

 

一番の特徴はこの点で、マウス自体を動かすのではなくボールを転がすことでマウスカーソルを動かします

 

 

それでは早速、トラックボールマウスが快適な理由を説明していきましょう!

 

机が散らかっていても省スペースで使える!

まず一つ目、トラックボールマウスは省スペースで使うことができます。

 

なぜならマウスを動かすことがないのでマウス分のスペースしか使わないからです。

 

動かすのはボールだけ、手首すら動かしません。

 

 

私は残念ながら職場の机がグッチャグチャです。

 

かろうじてものを書くスペースがあるくらい!

 

そんな私の机でもトラックボールマウスならわざわざものを寄せることなく快適にマウス操作ができます。

 

カーペットの上でも使える!

続いて二つ目、トラックボールマウスはカーペットの上でもマウス飛びなく使うことができます。

 

光学式のマウスだとマウスを置く場所がデコボコだと反応が悪かったりしますよね?

 

トラックボールマウスならそんなことはありません。

 

動かすのはボールですから、下がどうなっていようと関係ないのです。

 

このくまさんのような体制で、こたつ敷布団の上でも使うことができますよ。

 

みかんがマウスだと思ってください。

 

f:id:n2a5o2c0:20161103002544j:plain

 

私はこたつに入りながらはもちろん、もこもこのあったかマットを敷いたベッドの上でも使っています。

 

スクロールやコピペもかんたん!

最後の三つ目は、マウスではなくタッチパットに対抗したメリットです。

 

「省スペースだったり寝そべったりだったらタッチパットでいいじゃないか」という意見もありますよね!

 

タッチパットで困るのは画面のスクロールです。

 

ネットサーフィンしているとよーくスクロールしますよね。

 

私が使っているノーパソも2本指でタッチパットを触るとスクロールしてくれます。

 

しかし、画面の拡大・縮小も2本指操作なので、スクロールしようとしたら拡大されてしまったりしてすっごくストレスになるのです。

 

また、コピペしたいときも両手を使わないといけません。

 

一方、このトラックボールマウスはスクロール用のコロコロもついています。

 

またコピペも片手だけで行うことができます。

 

ボール以外の部分は通常のマウスと同じように使えるということですね!

 

さいごに

いかがですか?ズボラじゃないみなさんには必要ないかもしれませんが、ズボラな私にはマストな代物になってしまいました。

 

一応デメリットとしては、ボールの操作に慣れる必要がある・持ち運びがしづらい・職場だとちょっと浮くといった事がありますが、大して気にすることではありません。

 

なにせ快適なのですから!

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK

 

 ちゃんと左利き用もありますよ。

 

ロジクール製のものもあるんですね。

こちらは丸みを帯びたデザインになっています。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t