20代野球好きの生活界隈

人気選手がズラリ!2018年プロ野球世代別年俸ランキングをまとめてみました!

 こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です!

f:id:n2a5o2c0:20180308182548j:plain

プロ野球選手について気になることといえば「年俸いくらもらってんの?」ってことですよね。

グラウンド上での成績はもちろん、ファンからの人気やプレー意外での貢献度など様々な部分の評価で年俸は変わってきます。

プロとしてやっているだけに年俸額=選手としての評価と言ってもいいでしょう。

しかし、単純に前の年の成績だけで年俸が決まっているわけではなく年齢や継続的に球団の勝利に貢献しているのかによっても変わってきます。

といったところで今回は、2018年の年俸を世代別にランキングしてトップテンを紹介してみたいと思います。

入団した年やプロ年数などの要素は無視して、いわゆる学年ごとのランキングです。

いわば年齢でいうと同じスタートを切った選手達の中で誰が一番稼いでいるのかを見ていきたいと思います。

参考までに同年代の外国人選手も記載していますが、ランキングは日本人選手のトップ10までを紹介しています。

球団の人気度や直近の順位の影響も大きいと思いますが、ひとつの目安としてお楽しみください!

 

注)年俸額は推定です。

備考欄には2017年に獲得したタイトルや移籍に関する情報を記載しています。

広告
 

 

95世代以下

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 年代 備考
1 松井 裕樹 楽天 投手 14000 95  
2 田口 麗斗 巨人 投手 9000 95  
3 山岡 泰輔 オリックス 投手 4300 95  
4 砂田 毅樹 DeNA 投手 4200 95  
5 森 友哉 西武 捕手 4000 95  
5 二木 康太 ロッテ 投手 4000 95  
7 上林 誠知 ソフトバンク 外野手 3500 95  
8 高橋 光成 西武 投手 2150 96  
9 小笠原慎之介 中日 投手 2100 97  
10 若月 健矢 オリックス 捕手 2000 95  

今年の大卒ルーキーと同世代以下の選手は一括りにしました。

やはり、最も上の世代である95~96世代が上位を占めています。

中でも楽天の守護神として君臨している松井裕樹は唯一の1億円プレイヤーとなっています。

高卒5年目で1億円とは、時代も変わりましたね。

 

94~95世代 

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 藤浪晋太郎 阪神 投手 12000  
2 鈴木 誠也 広島 外野手 9000 B9、GG
3 大谷 翔平 エンゼルス 投手 6330 MLBマイナー契約
4 田村 龍弘 ロッテ 捕手 5700  
5 濵口 遥大 DeNA 投手 4750  
6 京田 陽太 中日 内野手 4000 新人王
7 黒木 優太 オリックス 投手 3700  
8 大山 悠輔 阪神 内野手 2500  
9 若松 駿太 中日 投手 2500  
10 畠 世周 巨人 投手 2400  

昨年までダントツの稼ぎ頭だった大谷翔平がメジャー移籍しました。

しかし大谷はメジャー移籍に寄って年俸が上がったわけではなく、年齢に関わる契約金の制限により大幅減俸となってしまいました。

代わって世代トップとなったのは藤浪晋太郎です。

 

93~94世代

順位 選手 球団

守備

年俸(万円) 備考
1 武田 翔太 ソフトバンク 投手 9000  
2 桑原 将志 DeNA 外野手 8500 GG
3 今永 昇太 DeNA 投手 8400  
4 茂木栄五郎 楽天 内野手 6400  
5 近藤 健介 日本ハム 捕手 5600  
6 岡田 明丈 広島 投手 4200  
7 高山 俊 阪神 外野手 3800  
8 吉田 正尚 オリックス 外野手 3100  
9 原 樹理 ヤクルト 投手 2900  
10 大城 滉二 オリックス 内野手 2800  

この世代は1億円に達している選手がまだ現れていません。

最も1億円に近いソフトバンク武田は2017シーズン怪我で満足に働けなかったことが大きいでしょう。

5位の日本ハム近藤も開幕当初のペースで打ち続けていたら1億近くまで迫っていた可能性はあります。

この世代はここ1~2年以内くらいにチームの中心になった選手が多いので、誰が初めに1億円プレイヤーになるのか注目です。

 

92~93世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 山田 哲人 ヤクルト 内野手 28000  
2 西川 遙輝 日本ハム 外野手 16000

最多盗塁

B9、GG

3 山崎 康晃 DeNA 投手 15000  
4 千賀 滉大 ソフトバンク 投手 12500 最高勝率
5 中崎 翔太 広島 投手 11500  
6 有原 航平 日本ハム 投手 7000  
7 石田 健大 DeNA 投手 6000  
  エスコバー DeNA 投手 5500  
8 薮田 和樹 広島 投手 4800 最高勝率
9 源田 壮亮 西武 内野手 4100 新人王
10 甲斐 拓也 ソフトバンク 捕手 4000 B9、GG

トリプルスリーを達成した年に大幅アップしたヤクルト山田哲人が世代トップです。

2017年は3億5000万円だったので、これでも前年より7000万円ダウンというのも衝撃です。

育成出身で2017年にブレイクしたソフトバンク甲斐が10位にランクインしています。

 

91~92世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 筒香 嘉智 DeNA 外野手 35000 B9
2 菊池 雄星 西武 投手 24000

最優秀防御率、最多勝

B9、GG

3 今宮 健太 ソフトバンク 内野手 22000 B9、GG
4 森 唯斗 ソフトバンク 投手 13000  
  アルシア 日本ハム 外野手 13000 新加入
5 今村 猛 広島 投手 9500  
  カラシティー ヤクルト 投手 7800 新加入
6 大瀬良大地 広島 投手 6300  
  モヤ 中日 外野手 5000 新加入
  ロドリゲス 日本ハム 投手 5000 新加入
7 岩崎 優 阪神 投手 4500  
8 秋山 拓巳 阪神 投手 4100  
9 九里 亜蓮 広島 投手 3800  
10 岡田 俊哉 中日 投手 3100  

ついに世代トップに3億円プレイヤーが現れます。

日本の4番DeNA筒香は2017年に3倍アップで3億円に到達し、2018年はさらに5000万円アップでした。

 

90~91世代 

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 則本 昂大 楽天 投手 25000 最多奪三振
2 浅村 栄斗 西武 内野手 21000 B9
  マルティネス 日本ハム 投手 20000 新加入
3 西 勇輝 オリックス 投手 12000  
4 東浜 巨 ソフトバンク 投手 9000 最多勝
4 小川 泰弘 ヤクルト 投手 9000  
6 又吉 克樹 中日 投手 8800  
7 中島 卓也 日本ハム 内野手 8600  
8 西野 勇士 ロッテ 投手 7500  
9 倉本 寿彦 DeNA 内野手 7300  
  オルモス ロッテ 投手 6700 新加入
10 中村 悠平 ヤクルト 捕手 5400  

下の世代から数えると、この世代で初めて高卒以外の選手が1位になっています。

ちなみに楽天則本は三重中京大卒で今年6年目になります。

一般だと大卒と高卒で生涯賃金はイクラ違う!とか言われますがプロ野球は全く関係ありません。

 

89~90世代

順位 選手 球団

守備

年俸(万円) 備考
1 菅野 智之 巨人 投手 45000

最優秀防御率、最多勝

B9、GG、沢村賞

2 丸 佳浩 広島 外野手 21000

最多安打

MVP、B9、GG

3 中田  翔 日本ハム 内野手 20000  
4 菊池 涼介 広島 内野手 19000 B9、GG
5 中村 晃 ソフトバンク 外野手 16000  
6 田中 広輔 広島 内野手 14000

最高出塁率、最多盗塁

B9 

  ブキャナン ヤクルト 投手 14000  
7 岩嵜 翔 ソフトバンク 投手 13000 最多ホールド
  ウィーランド DeNA 投手 13000  
8 野村 祐輔 広島 投手 12000  
  トンキン 日本ハム 投手 12000 新加入
9 益田 直也 ロッテ 投手 11000  
9 鈴木 大地 ロッテ 内野手 11000 GG

ついに4億円プレイヤーが登場します。

といっても菅野は巨人軍の絶対的エースですから5億くらいもらってもおかしくないと思いますけどね。

また、この世代は10位(同率9位)まで全員が1億円プレイヤーとなっています。

 

88~89世代 

順位 選手 球団

守備

年俸(万円) 備考
1 田中 将大 ヤンキース 投手 230000 MLB
2 柳田 悠岐 ソフトバンク 外野手 55000

最高出塁率

B9、GG

3 坂本 勇人 巨人 内野手 35000 GG
  ロサリオ 阪神 内野手 34000 新加入
 4 前田 健太 ドジャース 投手 33000 MLB
  ロメロ オリックス 外野手 27500  
5 秋山 翔吾 西武 外野手 22000

首位打者、最多安打

B9、GG

  ビシエド 中日 内野手 17000  
6 澤村 拓一 巨人 投手 15000  
7 梶谷 隆幸 DeNA 外野手 12800  
8 福山 博之 楽天 投手 12000  
9 増田 達至 西武 投手 11500  
10 石川 歩 ロッテ 投手 11000  

1位はニューヨーク・ヤンキースの田中将大でした。

やはりMLBは桁が違います。

日本球界を見るとソフトバンク柳田が5億円に到達。

日本人選手としては最高年俸になります。

30歳前後のこのあたりの年齢がプロ野球選手としては一番の稼ぎ時のようです。

 

87~88世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
  レアード 日本ハム 内野手 30000  
1 山口 俊 巨人 投手 23000  
  カミネロ 巨人 投手 22200  
2 野上 亮磨 巨人 投手 15000  
3 川端 慎吾 ヤクルト 内野手 14000  
4 角中 勝也 ロッテ 外野手 13100  
  パットン DeNA 投手 13000  
  ドリス 阪神 投手 12500 最多セーブ
5 平田 良介 中日 外野手 12000  
5 T−岡田 オリックス 外野手 12000  
  ジャクソン 広島 投手 11300  
7 炭谷銀仁朗 西武 捕手 11000  
8 大 和 DeNA 内野手 10000 FA移籍
8 銀 次 楽天 内野手 10000 B9、GG
  ボルシンガー ロッテ 投手 9000 新加入
10 安達 了一 オリックス 内野手 6400  

この世代トップは昨年球界を騒がせた巨人山口俊でした。

ちなみに山口の2017年の登板数はわずか4試合で、投球イニングも21回しかありません。

単純計算するとアウト1個で約350万になります。

 

86~87世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 ダルビッシュ有 カブス 投手 270000

MLB

移籍

2 田澤 純一 マーリンズ 投手 53000 MLB
  デスパイネ ソフトバンク 外野手 40000

最多本塁打、最多打点

B9

  ゲレーロ 巨人 内野手 40000

最多本塁打

移籍

3 陽 岱鋼 巨人 外野手 30000  
4 涌井 秀章 ロッテ 投手 20000  
  ウィーラー 楽天 内野手 20000 B9
  ペゲーロ 楽天 外野手 20000  
5 森福 允彦 巨人 投手 12000  
  ジー 中日 投手 12000 新加入
  シェッパーズ ロッテ 投手 9000 新加入
6 大野 奨太 中日 捕手 9000  
7 井納 翔一 DeNA 投手 8500  
8 美馬 学 楽天 投手 8000  
  アルメンゴ ヤクルト 投手 7300 新加入
  アマダー 楽天 内野手 6000  
9 石川 雄洋 DeNA 内野手 5500  
9 佐藤 達也 オリックス 投手 5500  
10 上本 博紀 阪神 内野手 4300  

現時点で最も高額の年俸をもらっている日本人野球選手はこの世代1位のダルビッシュ有でした。

なかなか2018年の所属先が決まりませんでしたが、年俸はTEX時代の倍以上になっています。

CHCとは6年契約で、さらに出来高も最高約25億円と言われています。

 

85~86世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
  メヒア 西武 内野手 50000  
  バンデンハーク ソフトバンク 投手 40000  
1 大島 洋平 中日 外野手 18000  
2 宮西 尚生 日本ハム 投手 15000  
  アルバース オリックス 投手 10170 新加入
3 明石 健志 ソフトバンク 内野手 10000  
4 大谷 智久 ロッテ 投手 8800  
5 西村健太朗 巨人 投手 8600  
6 松山 竜平 広島 外野手 6500  
  グラシアル ソフトバンク 内野手 5500 新加入
7 清田 育宏 ロッテ 外野手 5000  
8 桑原謙太朗 阪神 投手 4500 最多ホールド 
8 内 竜也 ロッテ 投手 4500  
10 城所 龍磨 ソフトバンク 外野手 4000  

この世代といえばFA移籍で最高2億円の年俸だったこともあったヤクルト成瀬善久。

2018年はなんと前年から1億2400万円減の2000万円という非常に厳しい契約をしています。

世代ランクも一気に圏外へ落ちてしまいました。

 

84~85世代

順位 選手 球団 ポジション 年俸(万円) 備考
  ジョンソン 広島 投手 34500  
  バレンティン ヤクルト 外野手 33600  
1 岸 孝之 楽天 投手 30000  
  ディクソン オリックス 投手 21800  
2 牧田和久 パドレス 投手 21000

MLB

移籍

3 長谷川勇也 ソフトバンク 外野手 20000  
  マテオ 阪神 投手 19000  
4 長野 久義 巨人 外野手 19000  
5 本多 雄一 ソフトバンク 内野手 18000  
  ハフ ヤクルト 投手 14700 新加入
6 坂口 智隆 ヤクルト 外野手 10000  
  ハーマン 楽天 投手 10000  
7 嶋  基宏 楽天 捕手 10000  
8 谷元 圭介 中日 投手 8500  
9 西岡 剛 阪神 内野手 7500  
10 吉見 一起 中日 投手 7500  

今年MLBに挑戦する牧田和久が世代2位でした。

ちなみに牧田の西武時代最終年の年俸は1億円しかありませんでした。

MLBに移籍したことで年俸も2倍以上になったということですね。

 

83~84世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 金子 千尋 オリックス 投手 50000  
2 平野 佳寿 Dバックス 投手 34000

MLB

移籍

3 松田 宣浩 ソフトバンク 内野手 40000 GG
  マシソン 巨人 投手 35500  
4 中村 剛也 西武 内野手 28000  
  ロペス DeNA 内野手 23000

最多安打、最多打点

B9、GG

5 山口 鉄也 巨人 投手 22400  
6 今江 年晶 楽天 内野手 20000  
7 栗山 巧 西武 外野手 13000  
  ワグナー 西武 投手 9120 新加入
8 高橋 聡文 阪神 投手 7000  
8 川島 慶三 ソフトバンク 内野手 7000  
10 大竹 寛 巨人 投手 5250  

世代トップのオリックス金子千尋は日本球界でも投手では最高年俸になります。

名実ともにオリックスのエースですが、今年は開幕投手をつとめないそうです。

 

82~83世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 攝津 正 ソフトバンク 投手 40000  
1 内川 聖一 ソフトバンク 外野手 40000  
3 中島 宏之 オリックス 内野手 35000  
  マギー 巨人 内野手 26600  
4 畠山 和洋 ヤクルト 内野手 11000  
4 藤田 一也 楽天 内野手 11000  
6 内海 哲也 巨人 投手 10000  
7 中田 賢一 ソフトバンク 投手 8500  
8 亀井 善行 巨人 外野手 5200  
9 松岡 健一 ヤクルト 投手 3600  
10 赤松 真人 広島 外野手 2700  

この世代から上位にソフトバンクの選手が多く登場してきます。

1位にはソフトバンクの攝津と内川が並びましたが、2017年の活躍度合いは対称的でした。

攝津は今年が複数年契約の最終年ですから、是が非でも結果を出したいところでしょう。

 

81~82世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
  サファテ ソフトバンク 投手 50000

最多セーブ(日本新)

MVP、正力賞

1 鳥谷  敬 阪神 内野手 40000  
1 糸井 嘉男 阪神 外野手 40000  
  メッセンジャー 阪神 投手 35000  
3 青木 宣親 ヤクルト 外野手 35000 日本復帰
4 岩隈 久志 マリナーズ 投手 28800 MLB
5 田中 賢介 日本ハム 内野手 7500  
6 藤井 淳志 中日 外野手 5500  
7 岸田 護 オリックス 投手 5000  
8 高谷 裕亮 ソフトバンク 捕手 3400  
9 鶴岡 慎也 日本ハム 捕手 3000  
10 脇谷 亮太 巨人 内野手 2000  

この世代の日本人トップは阪神のベテラン選手が並んで獲得しました。

4位のマリナーズ岩隈は現時点ではマイナー契約で、メジャー契約に至れば上の年俸を得ることになるそうです。

 

80~81世代

順位 選手 球団 守備 年俸(万円) 備考
1 和田 毅 ソフトバンク 投手 40000  
2 藤川 球児 阪神 投手 20000  
  ウルフ 西武 投手 13320  
  エルドレッド 広島 内野手 11500  
3 館山 昌平 ヤクルト 投手 9800  
4 小谷野栄一 オリックス 内野手 6300  
5 矢野 謙次 日本ハム 外野手 3000  
6 杉内 俊哉 巨人 投手 2500  
7 工藤 隆人 中日 外野手 2100  
8 永川 勝浩 広島 投手 2000  
9 G.後藤武敏 DeNA 内野手 1890  
10 松坂 大輔 中日 投手 1500 移籍

昨年まで1位のソフトバンク和田と同額の年俸だった松坂大輔は中日に移籍し95%以上ダウンの1500万円となりました。

税金とかどうなるんだろうと思ってしまいます。

またイチからのスタートで、今シーズンはオープン戦などでも登板できているようなので復活に期待したいですね。

 

79世代以上

順位 選手 球団 ポジション 年俸(万円) 年代 備考
1 五十嵐亮太 ソフトバンク 投手 36000 79  
2 福留 孝介 阪神 外野手 22000 77  
3 阿部慎之助 巨人 内野手 21000 78  
4 能見 篤史 阪神 投手 12000 79  
4 石川 雅規 ヤクルト 投手 12000 79  
6 新井 貴浩 広島 内野手 11000 76  
7 石原 慶幸 広島 捕手 9000 79  
8 イチロー マリナーズ 外野手 8000 73 移籍
9 岩瀬 仁紀 中日 投手 7500 74  
10 山井 大介 中日 投手 7200 78  
11 荒木 雅博 中日 内野手 7000 77  
12 松井稼頭央 西武 外野手 4000 75 移籍
13 福浦 和也 ロッテ 内野手 3500 75  
14 細川 亨 楽天 捕手 2000 79  

この79世代以上は世代に10人も選手がいませんので合わせて紹介します。

ちなみにこの世代で最も若い79世代の選手たちは今年39歳になります。

最高齢は今年45歳になるイチロー選手で、マリナーズとの契約は年俸は8000万円と言われています。

2018年もイチロー選手が現役でプレーする姿が見られるようでうれしいです。

 

詳しい選手情報はコチラでチェック

NPB版