20代野球好きの生活界隈

【選抜高校野球】センバツ2018の21世紀枠最終候補の9校が決定!

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

さて、2018年の高校野球選抜大会に向けて、21世紀枠の各地区候補となる9校が発表されました。

すでに各都道府県からの推薦校は発表になっていましたが、その中からいよいよ9校に候補が絞られました。

ということで今日は、2018年の選抜高校野球21世紀枠の各地区候補に選ばれた9校の情報を簡単にまとめてみたいと思います。

春の選抜の目玉となる21世紀枠代表3校に選ばれるのはどの高校でしょうか? 

広告
 

 

選抜高校野球2018の21世紀枠最終候補9校

2018年の21世紀枠各地区代表に選ばれた9校は以下のとおりです。

地区 高校名 都道府県 秋の最終結果
北海道地区 函館工 北海道 北海道大会ベスト8
東北地区 由利工 秋田 東北大会ベスト8
関東地区 藤岡中央 群馬 群馬大会ベスト4
北信越地区 金津 福井 北信越大会ベスト8
東海地区 大垣西 岐阜 東海大会ベスト8
近畿地区 膳所 滋賀 滋賀大会ベスト8
中国地区 下関西 山口 中国大会ベスト16
四国地区 高知追手前 高知 四国大会ベスト12
九州地区 伊万里 佐賀 九州大会ベスト18

 

2017年秋の結果を見ると、藤岡中央と膳所以外の7校は各地区大会に進出しています。

その中でも地区大会で勝利を上げているのは函館工(2勝)、大垣西(1勝)の2校です。

それ以外の由利工、金津、下関西、高知追手前、伊万里は地区大会の初戦で敗退しています。

21位世紀枠ですから、一概に勝利という結果だけで選ばれるわけではありませんが、函館工と大垣西は選考レースで若干リードしているといえるかもしれません。

 

この9校から最終的に3校が選抜され、2018年1月26日(金)の選考委員会で他の地区代表と同時に発表となります。

各地区枠や明治神宮大会の代表についてはコチラの記事をご覧ください。

資料:2018年21世紀枠都道府県候補

各都道府県の代表校として選出されていた高校を紹介します。

今回地区代表に選ばれた高校は赤字にしています。

都道府県 高校 区分 秋季都府県大会成績
北海道  
青森 八戸工業高専 国立 ベスト4
岩手 久慈 県立 ベスト4
秋田 由利工 県立 ベスト4
山形 九里学園 私立 ベスト16
宮城 角田 県立 ベスト4
福島 磐城 県立 ベスト8
茨城 日立第一 県立 ベスト4
栃木 青藍泰斗 私立 ベスト4
群馬 藤岡中央 県立 ベスト4
埼玉
山梨 都留興譲館 県立 ベスト8
千葉 柏南 県立 ベスト16
東京 佼成学園 私立 準優勝
神奈川 鎌倉学園 私立 ベスト4
長野 松本深志 県立 ベスト8
新潟 長岡大手 県立 ベスト8
富山 富山国際大付 私立 準優勝
石川 飯田 県立 ベスト8
福井 金津 県立 優勝
静岡 静岡市立 静岡市立 ベスト4
愛知 愛知産大三河 私立 準優勝
岐阜 大垣西 県立 準優勝
三重 桑名 県立 ベスト16
滋賀 膳所 県立 ベスト8
京都 乙訓 府立 優勝
奈良 法隆寺国際 県立 ベスト4
和歌山 星林 県立 ベスト8
大阪 池田 府立 ベスト8
兵庫 尼崎小田 県立 ベスト8
岡山 岡山芳泉 県立 ベスト16
鳥取 米子工 県立 ベスト8
広島 大竹 県立 ベスト16
島根 大田 県立 ベスト4
山口 下関西 県立 ベスト4
香川 坂出工 県立 ベスト16
愛媛 新居浜南 県立 ベスト8
徳島 生光学園 私立 準優勝
高知 高知追手前 県立 ベスト4
福岡 小倉 県立 ベスト4
佐賀 伊万里 県立 準優勝
長崎 長崎工 県立 ベスト8
熊本 熊本商 県立 ベスト8
大分 大分舞鶴 県立 ベスト8
宮崎 福島 県立 ベスト8
鹿児島 鹿児島情報 私立 ベスト4
沖縄 石川 県立 ベスト4

 

センバツ2018の情報誌

【MLB】ロサンゼルス・エンゼルスの主力選手を紹介します!日本人選手はいる?【大谷移籍】

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

さて、2017年シーズン終了後のMLB挑戦を表明していた大谷翔平がロサンゼルス・エンゼルスとの契約に至ったことがわかりました。

ということで今日は、2018シーズンから大谷翔平が所属することとなったMLBロサンゼルス・エンゼルスの主力選手を紹介したいと思います。

広告
 

 

マイク・トラウト(Mike Trout)

youtu.be

中堅手 右投右打

メジャーリーグで最も注目度の高い選手と言っても過言ではないでしょう。

走・攻・守全てにおいてメジャー最高レベルの選手です。

メジャー通算は7年ながら、MVPを2回、シルバースラッガーを5回受賞し、オールスターゲームには6度も出場しています。

 

2017シーズンは走塁中に負傷し戦線を離脱しましたが、出塁率.442と長打率.629はいずれもキャリアハイで、リーグ首位を獲得しました。

年齢は26歳と若く、まだまだ伸びしろを残しているという意味でも恐ろしい選手です。

 

アンドレルトン・シモンズ(Andrelton Simmons)

youtu.be

遊撃手 右投右打

メジャー最強のショートストップとも言われているアンドレルトン・シモンズ。

2017シーズンは自身3度目となるゴールデングラブ賞を獲得しています。

これを裏付けるものとして、DRSという守備での貢献度を表す指標では+32を記録。

全メジャーリ―ガーで最高の数字を叩き出しました。

打撃面でもOPS.752は自己ベストで、攻撃面でもチームに貢献しました。

コール・カルフーン(Kole Calhoun)

youtu.be

右翼手 左投左打

メジャー通算6年の中堅選手。

2017年は主に5番を打ち、チーム3位となる71打点を記録しました。

守備面では強肩に定評があり、2015年にはゴールデングラブ賞を獲得したこともあります

守備での貢献度も高い選手です。

 

ジャスティン・アップトン(Justin Upton)

youtu.be

外野手 右投右打

2017年のシーズン途中にタイガースからトレードで加入しました。

エンゼルス移籍後は27試合で7本塁打OPS.877という好成績を残しました。

シーズン終了後に退団との噂も流れましたが、2022年までの延長契約を結んでいます。

 

J・C・ラミレス(J・C・Ramirez)

youtu.be

投手(先発) 右投右打

2017シーズンでロサンゼルス・エンゼルスのチーム内最多勝を記録した投手です。

メジャーは3年目の選手で、2016シーズンまでは中継ぎ投手でした。

2017年は規定投球回には達しておらず、勝敗も11勝10敗で防御率は4.15とまずまずの内容。

最速100マイル(約160km/h)の直球と鋭いスライダーを武器としています。

 

ブレイク・パーカー(Blake Parker)

youtu.be

投手(リリーフ) 右投右打

2017シーズンのチーム最多登板投手

登板数は71試合で、これはア・リーグで見ても5位の記録でした。

直球は95マイル(約152km/h)前後ながら、大きなカーブとスプリットを操ります。

9イニングあたりの奪三振数を表す奪三振率は11.5でした。

 

アルバート・プーホルス(Albert Pujols)

youtu.be

指名打者 右投右打

2018年でメジャー通算18年目を迎える大ベテラン選手

2017年6月3日に史上9人目となる通算600本塁打を達成しました。

メジャー通算ではMVP3回、シルバースラッガー6回受賞など輝かしい実績を残していますが、2017シーズンは打率.247、出塁率も3割を下回る結果で衰えを隠しきれない1年となりました。

 

ロサンゼルエンゼルスの基本情報

略称:LAA

本拠地:エンゼル・スタジアム

所属:アメリカン・リーグ西地区

2017年の成績:ア・リーグ西地区2位

WS優勝回数:1回(2002年)

AL優勝回数:1回(2002年)

レジェンド選手:ノーラン・ライアン、ロッド・カルー

所属歴のある日本人選手:長谷川滋利(1997-2001)、松井秀喜(2010)、高橋尚成(2011-2012)

現在の日本人選手:所属なし

【プロ野球】2018年の開幕戦の情報まとめ!日程・対戦カード・開幕投手は?

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

さて、2017年も年の瀬になり早くも2018年のプロ野球開幕が待ち遠しくなってきました。

2017年はWBCから始まり、ソフトバンクホークスの日本シリーズ制覇までとても長いプロ野球シーズンでしたが2018年はどのような1年になるでしょうか。 

ということで、今日は2018年のプロ野球開幕戦に関する情報をまとめたいと思います。

プロ野球2018年の開幕戦日程

2018年の日本プロ野球開幕日はセ・パ両リーグとも3月30日(金)に決定しました。

2017年が3月31日開幕でしたから、ほぼ同時期ということになります。

 

プロ野球2018年開幕戦の対戦カード

プロ野球2018年開幕戦の対戦カードは各リーグ下記のように決定しています。

開始時刻は現時点では決定していませんが、おそらくナイトゲームで18:00開始あるいは18:30開始になるものと思われます。

なお、開幕戦のホームチームはセ・パそれぞれ過去のシーズン成績で決まっています。

セ・リーグは2016年のシーズン順位、パ・リーグは2015年のシーズン順位で決まっており、それぞれ該当年にAクラス(3位以上)だったチームがホームゲームとなっています。

セ・リーグ

ホーム   ビジター 球場
広島 - 中日 マツダスタジアム
DeNA - ヤクルト 横浜スタジアム
巨人 - 阪神 東京ドーム

 

パ・リーグ

ホーム   ビジター 球場
ソフトバンク - オリックス ヤフオクドーム
ロッテ - 楽天 ZOZOマリン
日本ハム - 西武 札幌ドーム

 

プロ野球2018年の開幕投手は?

開幕戦の最大の注目ポイントは、開幕投手をだれがつとめるのか?ということでしょう。

開幕投手をつとめる投手はその年のチームの顔と言っても過言ではありません。

2018年は開幕前にWBC等の外部の大会がありませんので、各チーム真のエース投手の登場になると思います。

 

開幕投手は一般には報道などで予告される場合がほとんどです。

2017年12月8日時点では開幕投手に関する情報は出ていません。

例年で考えますと、発表は早くても2018年の春季キャンプ開催日あたりからになるでしょう。

参考までに2017年の開幕投手一覧と、2018年に開幕投手になりそうな投手をリストアップしてみました。

  2017 勝敗 その他の候補
広島 ジョンソン

野村祐輔

薮田和樹

阪神 メッセンジャー 秋山拓巳
DeNA 石田健大

今永昇太

濵口遥大

巨人 マイコラス

菅野智之

田口麗斗

中日 大野雄大

又吉克樹

ヤクルト 石川雅規 小川泰弘
ソフトバンク 和田毅

千賀滉大

東浜巨

バンデンハーク

楽天 美馬学

則本昂大

岸孝之

西武 菊池雄星 ウルフ
オリックス 金子千尋 山岡泰輔
日本ハム 有原航平 高梨裕稔
ロッテ 涌井秀章 二木康太

プロ野球2018年開幕戦のチケットは?

2017年12月8日時点では2018年の開幕戦チケットに関する情報はどの球団からも出ていません。

例年通りであれば年が明けてから、1月中にチケット発売日の発表があります。

そして、チケットの発売自体は2月中旬から下旬に始まるものと思われます。

プロ野球は年々観客動員数が増加しており、特に注目度の高い開幕戦のチケットは手に入りづらくなっているでしょう。

なかでも、広島カープと横浜DeNAベイスターズはここ10年で年間の動員数が約2倍に増えています。

参考:統計データ | NPB.jp 日本野球機構

 

さいごに

2018年の開幕戦はまだ3ヶ月以上先のことになりますので、決まっていないところが多くあります。

新しい情報が出次第更新していきますので、フォローしておいてください!

 

YouTube動画投稿9ヶ月目の作業環境

こんにちは、ブログの傍らYouTubeの動画配信も行っているなおしー(@naoc2520) です。

傍らと言っても最近ブログの方はサボり気味(11月は6記事)ですが・・・。

 

早いもので、僕がYouTubeでの動画配信を始めてから9ヶ月が経ちました。

開始当初からほぼ毎日、深夜にほそぼそと YoutTube Live で配信をしていて、もうすぐチャンネル登録者も700人を達成しようとしています。

このところやっと数字的な意味での結果が出てきたところです。

f:id:n2a5o2c0:20171205180508j:plain

 

といったところで、今日はその動画配信環境や気づきなどをまとめてみたいと思います。

広告
 

 

動画投稿の道具

はじめに僕が動画投稿に使っている道具を紹介します。

といっても、自分ひとりでゲームする環境からほとんどはみ出さないので、この程度でも動画配信できると思っていただきたいです。

PS4

まずはPS4。

PS4 Proではなく通常版を使っています。

 

PS4を使って配信を始めた理由は、やりたいゲームがPS4だったと言うのもありますが、一番の理由は動画配信が簡単だということです。

従来の動画配信といえば、ゲーム機だけでなくキャプチャボードやらPC側の配信用ソフトなど、導入までのハードルが高かったイメージがありました。

収録して投稿する方法だと編集ソフトなんかも必要ですよね。

実際僕もゲーム実況などの配信動画は録画・生放送どちらも5年以上前から見る側ではいたのですが、配信は準備がめんどくさそうという理由で手を出していませんでした。

 

ところが、PS4を使えばこれらの録画・動画編集・動画投稿・ライブ配信がPS4だけで完結します。

簡単に他のハードについても調べてみたのですが、ここまでゲーム機単体でここまでできるのはPS4だけみたいですね。

 

基本的にはライブ配信を主にやっているんですが、ライブ配信に必要な機能もはじめから備わっています。

例を挙げると、コメントの表示や読み上げ機能、アーカイブの保存などが特別な設定無しで無くてもできるのでとても助かっています。

 

他にも、PS4の録画機能は最大で1時間までさかのぼって録画することができます。

1時間前までのシーンはすべて一旦録画されていて、Shareボタンを押せばいつでも保存できるということです。

実はこの機能がけっこうありがたくて、僕のチャンネルで再生数が多い動画はほとんどこの機能を使った動画です。

どうしてありがたいかというと、意図せず起こったいいプレーや珍しいプレーを保存できるからです。

わざわざ企画を準備して収録しなくても、たまたま起こったプレーが動画のネタになるということです。

ハプニング的な瞬間は動画と相性抜群ですから、動画投稿をする中でこの機能を使わない手はありません。

 

また、PS4用の動画の編集ソフト(Share Factory)も無料でインストールできます。

一般的なPC用のソフトに比べるとできることは限られていますが、動画の切り貼り・字幕の挿入・BGMの挿入・音声のアフレコなど必要最低限の機能は揃っています。

僕のチャンネルの動画の中にはこの録画機能と編集ソフトを使って、なんとなく遊んでいたところ起こった珍しいプレーにアフレコで実況を入れたものもあります。

 

ヘッドセット

これはいつだったか、Amazonのセールで買ったそんなに高くないものです。

メーカーさんには失礼ですが、色々と調べたり悩んだりして決めたわけではありません。

ただ一つ、USB接続だけではなく4極のミニプラグがついているというのが決め手です。

PS4で配信する場合、コントローラにヘッドホンマイクの端子がついているので、そこに接続できれば楽に音声を配信することができます。

本体にUSB接続するものもあるのですが、このやり方のほうが簡単で僕にとっては合っていました。

音質についてはあまりこだわっていないですし、配信中に音質のことを一度も言われたことがないので、いい買い物だったと思っています(声質にアレコレ言われたはあるけど)。

 

iPhone8 Plusとアプリ

最近はスマホゲームの動画配信も始めたので、iPhoneも使っています。

僕がたまたま最近 8 Plus に機種変更しただけで、8 Plus である必要はないと思います

スマホゲームは iOSアップデートで追加された画面録画機能を使って収録しています。

収録したものは iMovie という無料のアプリで編集して投稿しています。

 

iMovie
iMovie
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ
 
 
 
 

キャッチ画像は再生数を伸ばすためにかなり重要なもので、動画タイトルが対検索エンジンだとしたらキャッチ画像はに対人SEOだと勝手に思っています。

ちょっと工夫するだけでクリック率が上がるキャッチ画像ですが、iPhoneでサクッと作れてしまいます。

僕のやり方は(アナログですが)、PS4で作った動画のサムネイルであれば、

PS4のシェア機能を使って元にしたい画像をTwitterに投稿

 ↓

TwitterからiPhoneにその画像を保存

 ↓

Phonto というアプリで画像切り貼り・文字挿入

という流れです。

 

スマホゲームであれば 

iPhoneのスクショ機能で画像を保存

 ↓

Phonto で画像切り貼り・文字挿入

と言った具合です。

文字入れアプリはかなりの種類がありますが、この Phonto が必要な機能が揃っていて操作も簡単なので個人的にはおすすめです。

Phonto 写真文字入れ
Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

動画投稿に対するスタンス

基本的には生配信をやっていて、たまに収録・編集したものを投稿しているんですが、この2つは全く別物だと感じています。

配信者側のやりやすさはもちろん、視聴者の求めるものも別物だと感じています。

 

僕にとっては生配信のほうがアレコレ考えて準備しなくていいので、やりやすいようです。

また、生配信だと視聴者の方とコメントで直接コミュニケーションがとれるので、固定の視聴者獲得にはつながりやすいのかなとも思っています。

僕のチャンネルも初めは閑古鳥が鳴いていましたが、今となってはコメントをくれる視聴者の方がたくさんいます。

僕はゲームのプレーは下手くそなので、そういった方がコメントをくれる方の協力で成り立っているところがあると強く感じています。

 

しかし、生配信は収録して編集したものに比べるとどうしてもインパクトには欠けます。

ですから、大きな再生数は望めないでしょう。

人気配信者の中には生配信で収録ばりのクオリティを出す人もいますが、ああいうのは真似できるものではありません。

 

一方で、固定の視聴者より再生数を稼ぎたいという方は企画を練って収録・編集したものを投稿するパターンがと思います。

ただし、今はいろんな動画が投稿されていますから、その中で企画でオリジナリティを出していくのはとても大変でしょう。

 

個人的には、生配信を定期的にやりつつ、ネタになるものがあったときに録画投稿する今まで通りのスタイルでやっていこうかなと思っています。

元々が、どうせゲームするなら配信してしまえ!簡単やし!なんか起こるやろ!くらいのスタンスだったので雑な部分は大いにあると思います。

そんな中でもいつも見てくれている方やコメントをくださる皆さんには本当に感謝しています。

 

さいごに

簡単ですが、動画投稿9ヶ月時点での作業環境をまとめてみました。

言いたいのは、特別に準備しなくても動画配信は始められるよということと、収録投稿と生配信は全く別のものだよということです。

ただ、基本的にはノーリスクですし、道具については本当に自分でゲームをする範囲から出ないものだと思うので、気になっている方はぜひやってみてほしいと思います。

最近はブロガーの方でも動画配信を始められた方が多く、盛り上がってきた感じがして嬉しく感じています。

www.youtube.com

阪神大和の横浜DeNAベイスターズ移籍が決定!倉本との起用法や打順はどうなる?

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

さて、2017年のプロ野球は年間表彰も終わりシーズンオフとなっています。

しかし話題には事欠かず、ストーブリーグと言われる球団移籍や契約更改のニュースが連日報道されています。

といったところで、2017年に国内FA権を取得した元阪神の大和選手がFA権を行使して横浜DeNAベイスターズに移籍することが決まったとの報道がありました。

ここ数年で勝てる集団となったDeNAですが、大和選手が加入することでどんな影響があるでしょうか?

今日は大和選手の移籍に関するアレコレについて考えてみたいと思います。

広告
 

 

 

大和選手の略歴

登録名 大和(やまと)
本名 前田 大和
生年月日 1987年11月5日
出身 鹿児島県
高校 樟南高校
入団 05年高校生ドラフト4位
経歴 阪神(06-17)~DeNA(18- )
投打 右投両打
ポジション

セカンド

ショート

外野

タイトルなど ゴールデングラブ賞(2014外野)

大和選手の最大の特徴は内外野複数のポジションを守れるユーティリティ性です。

高校時代はショートでしたが、プロ入団後は当時絶対的なショートだった鳥谷敬の影響か、セカンドでの起用が多くありました。

しかし、平野恵一や西岡剛らセカンドを本職とする有力選手の加入があり、それ以降は外野(センター)での起用が多くなっていました。

どのポジションでも人並み以上にこなせる守備力があるので、阪神のチーム事情によってポジションをコロコロと変えられていた印象があります。

プロ通算では一塁や三塁の守備についた経験もあります。

 

2017年シーズンは主にセカンドとショートでの出場で、それぞれ48試合と56試合で守備についています。

さらに外野での出場も5試合ありました。

 

打撃の方では元々は右打だったのですが、2017年から両打に挑戦しています。

両打初年度となった2017年は左打席でも打率.270を記録し(右打席は.298)、打撃の方でもユーティリティ性を発揮しています。

 

大和選手とDeNAの移籍契約

報道によると大和選手とDeNAの今回の契約は3年総額3億円だそうです。*1

阪神での最終年の推定年俸は5000万円でしたから、単年で見ると年俸は倍以上になったとみられます。

背番号は阪神時代の0から9へ変更となりました。

 

DeNAベイスターズでの大和選手のポジションは?

報道によると、FA移籍とはいえベイスターズは大和選手のレギュラー起用を確約するわけではないそうです。*2

しかし、やはり大和選手の守備を期待してセカンド・ショート・センターでの起用となるでしょう。

DeNAのチーム事情を考えると、2017年はショートは倉本寿彦選手、センターは桑原将志選手がポストシーズンも含めた全試合にスタメン試合に出場しています。

一方で固定されていなかったのはセカンドの選手です。

2017年のDeNAベイスターズのセカンドでスタメン出場した選手とその試合数はこんな感じでした。

選手名 スタメン試合数 備考
柴田竜拓 47  
田中浩康 42  
石川雄洋 40  
エリアン 6 退団
宮﨑敏郎 5 サードへ
山下幸輝 2  
飛雄馬 1  

開幕当初は全く固定されておらず、ベテランの田中浩・石川の併用にときどき宮崎やエリアンをはさみながらという感じでした。

紆余曲折を経てシーズン終盤にやっと若手の柴田に固定されたという流れでした。

こういった経緯を考えるとセカンド起用の可能性が高いのではないかと思います。

 

しかし、DeNAファンの中にはショートの倉本選手の守備の脆さから、ショートは倉本選手ではなく大和選手で!という言う声もあります。

2017年の倉本選手は、シーズン途中から9番ショートとして定着し、打撃面では得点圏打率リーグ2位で打点49という活躍でしたが、守備面ではDELTAのUZRで-17.0と規定到達したセ・リーグの野手では最下位でした。

たしかに143試合出場した実績はありますが、ネット上では倉本選手のアレな守備gifが出回るなどかなり悪い印象を受けます。

一方で、ラミレス監督は倉本選手を高く評価しているとの報道もあり、どのような起用になるのか注目です。

 

DeNAベイスターズでの大和選手の打順は?

打順については守備が決まってからという事も考えられますが、DeNAの状況を整理しておきたいと思います。

2017年のDeNAで打順が固定されていたと言えるのは1番桑原選手、345番のロペス選手・筒香選手・宮崎選手、8番投手、9番倉本選手でしょう。

となると、空いているのは2番6番7番となります。

ここでのキーマンはこの267番をウロウロしていた梶谷選手。

個人的には2番梶谷選手がしっくり来るのではないかなと思っていて、そうなると大和選手は67番になると思われます。

阪神では7番ショートという起用が多かったのでそれも踏まえて、ざっくりと並べてみるとこんな感じでどうでしょうか。

打順 選手 守備
1 桑原将志
2 梶谷隆幸
3 ロペス
4 筒香嘉智
5 宮﨑敏郎
6 戸柱恭孝
7 大和
8 投手
9 倉本寿彦

 

守備のところでも書きましたが、倉本選手を外してショートを大和選手、セカンドを柴田選手で考えてみましょう

柴田選手が入るときは2番を打つことが多かったので、梶谷選手を動かすとこんな感じでしょう。

打順 選手 守備
1 桑原将志
2 柴田竜拓
3 ロペス
4 筒香嘉智
5 宮﨑敏郎
6 梶谷隆幸
7 嶺井博希
8 大和
9 投手

 

もちろんどちらかに固定ということではなく、倉本・柴田・大和らの二遊間でこれらの打順をローテーションして起用するということもあるでしょう。

 

さいごに

2017年、3位から日本シリーズ進出を決めて勢いのあるDeNAにとって、大和選手の加入はさらなる追い風になるのではないかと思います。

近日中に入団会見が行われるとのことなので、そこで大和選手本人やラミレス監督からどのような話があるのか注目です。

【選抜高校野球】センバツ2018の出場校予想!日程・注目選手・タイブレークについてもまとめました。

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

さて、2017年の高校野球は各地区の秋季大会が終了し、残すは明治神宮野球大会のみとなりました。

そして、秋季大会が終わったということは翌年の春の選抜に向けての戦いも終わったということを表しています。

ということで、今日は各地区の秋季大会の結果を踏まえて2018年の春の選抜高校野球大会の出場校を予想してみたいと思います。

その他、2018年の選抜大会に関する情報をまとめているので是非読んでみてください。

広告
 

 

出場枠数

f:id:n2a5o2c0:20170320175841j:plain

春の甲子園大会がセンバツと呼ばれるゆえんは出場校の決め方にあります。

夏の甲子園大会は各都道府県大会で勝ち上がった高校が自動的に1校ずつ出場するのに対して、春の選抜は前年の秋の各地区大会の成績を元に選抜された高校が出場します。

基本的には秋の地区大会の結果から選ばれるので1枠の地区は優勝校、2枠は準優勝校まで、4枠はベスト4までと言った形で選抜されるのが一般的です。

このような決め方ですので夏とは異なり1都道府県から複数校が出場したり、逆に1校も出場しないとうこともあります。

 

例年は各地区枠と特別枠(21世紀枠・明治神宮大会優勝校)で32校の出場枠が用意されています。

しかし2018年の選抜大会は第90回の記念大会ということで出場枠数も拡大されています。

なんと例年に比べて出場校数が4枠も増えて合計36校での戦いとなる予定です。

例年の枠数と2018年大会の各地区ごとの振り分けは以下のようになっています。

代表校の発表は2018年1月26日(金)の予定です。

地区名 2018年 例年
北海道 1 1
東北 3 2
関東・東京 6 6
北信越 3 2
東海 3 2
近畿 6 6
中国・四国 6 5
九州 4 4
21世紀枠 3 3
明治神宮大会 1 1
36 32

 

21世紀枠とは野球以外の活動で他校の模範となる活躍をした学校を選出するもので、これについて詳しくは後述します。

明治神宮大会とは秋の各地区大会優勝校(10校)で例年11月に行われるもので、この大会の優勝校は自動的に翌年の選抜に出場することが出来ます。

 2016年の明治神宮大会では大阪の履正社高校が優勝しました。

そのため、近畿地区枠に所属している履正社高校が明治神宮大会優勝枠で出場する事になったので、2017年の選抜大会には近畿地区のが高校が7校出場(履正社・神戸国際・大阪桐蔭・滋賀学園・高岡商・智辯・報徳)していました。

 

出場校予想

それではここから2018年春の選抜高校野球大会の出場校予想をしていきたいと思います。

 

とその前に、予想ではなくすでに決定している出場枠があります。

それは上にも書いた前年秋の明治神宮野球大会優勝校枠です。

2017年秋の明治神宮野球大会・高校の部は四国地区代表として出場した明徳義塾(高知)が優勝しました。

したがって、明徳義塾は2018年春の選抜大会出場を決めています。

 

それではここから出場校予想に入ります。

2017年秋の各地区大会の結果を踏まえて予想していきます。

北海道地区(1校)

秋の結果 高校
優勝 駒大苫小牧
準優勝 旭川実業

北海道地区は1校しか枠がありませんので、地区大会で優勝した駒大苫小牧(南北海道)が当確でしょう。

駒大苫小牧は先に行われた神宮大会では大阪桐蔭と対戦し、2-4で敗戦しています。

 

東北地区(3校)

秋の結果 高校
優勝 聖光学院
準優勝 花巻東
ベスト4

能代松陽(聖光学院に大敗)

日大山形(花巻東に敗戦)

東北地区は例年より1枠増設されました。

例年通りであれば準優勝校までの2校で議論の余地がなかったのですが、今年はベスト4のうちどちらか1校には出場のチャンスがあります。

優勝の聖光学院(福島)と準優勝の花巻東(宮城)は当確でしょう。

残りの1枠ですが、個人的には日大山形(山形)が選ばれるのではないかと思っています。

理由は、能代松陽の準決勝での大敗です。

結果的には優勝校となった聖光学院とはいえ0-12というスコアはかなり印象が悪いのではないでしょうか。

 

関東地区・東京地区(6校)

関東大会

秋の結果 高校
優勝 中央学院
準優勝 明秀日立
ベスト4

東海大相模

慶應義塾

ベスト8

霞ヶ浦(中央学院に敗戦)

健大高崎(明秀日立に敗戦)

作新学院(東海大相模に大敗)

國學院栃木(慶應義塾に敗戦)

東京地区大会

秋の結果 高校
優勝 日大三
準優勝 佼成学園

関東・東京地区は6枠あり、4校は関東地区の高校から、1校は東京地区の高校から、残りの1校はいずれかの地区から総合して1校選ばれることになっています。

つまり、関東地区大会のベスト4(中央学院(千葉)・明秀日立(茨城)・東海大相模(神奈川)・慶應義塾(神奈川))と東京地区大会の優勝校(日大三(西東京))は当確でしょう。

残りの1枠を関東地区大会のベスト8と東京地区大会の準優勝校で天秤にかけます。

個人的には健大高崎(群馬)國學院栃木(栃木)のどちらかだろうと思っています。

理由としては、まず最終戦で大敗を喫した作新学院(東海大相模に1-12)と佼成学園(日大三に0-12)はナシ。

残る霞ヶ浦は同じく茨城県の明秀日立が当確になっていますから、地域性の面からみて外れるのではないかと思います。

健大高崎と國學院栃木についてはスタイルがかなり対照的なチームなのでここは選考委員の判断が分かれるところではないでしょうか。

広告
 

 

北信越地区(3校)

秋の結果 高校
優勝 日本航空石川
準優勝 星稜
ベスト4

富山商業(日本航空石川に敗戦)

富山国際大付(星稜に大敗)

北信越地区も今大会は3枠の出場になりました。

例によって北信越地区大会優勝の日本航空石川(石川)と準優勝の星稜(石川)は当確でしょう。

残る1枠は富山県勢の争いとなります。

個人的には富山商業(富山)ではないかと思っています。

理由は、富山県大会では富山商業が優勝していることと、富山国際大付が準決勝で星稜に0-7で大敗していることです。

 

東海地区(3校)

秋の結果 高校
優勝 静岡
準優勝 東邦
ベスト4

中京院中京(静岡に敗戦)

三重(東邦に惜敗)

東海地区も3枠の出場となっています。

東海地区大会優勝の静岡(静岡)と準優勝の東邦(愛知)は当確でしょう。

静岡高校は出場となれば県立高校ながら2年連続の快挙となります。

残る1枠は非常に難しいですが、三重(三重)になるのではないかと思います。

理由は、準決勝の東邦との試合が非常に接戦だったということです。

この1試合で決まるというわけではありませんが静岡と東邦の決勝戦も接戦だったのでこの3校が横並びという印象があります。

 

近畿地区(6校)

秋の結果 高校
優勝 大阪桐蔭
準優勝 智辯和歌山
ベスト4

近江

乙訓

ベスト8

近大付(大阪桐蔭に大敗)

法隆寺国際(智辯和歌山に大敗)

彦根東(近江に惜敗)

智辯学園(乙訓に敗戦)

近畿地区は例年通りの6校出場になります。

ベスト4までの4校(大阪桐蔭(大阪)・智辯和歌山(和歌山)・近江(滋賀)・乙訓(京都))は当確でしょう。

残る2枠は準々決勝の結果から彦根東(滋賀)智辯学園(奈良)になるのではないかと思います。

 

中国地区(3校)

秋の結果 高校
優勝 おかやま山陽
準優勝 下関国際
ベスト4

瀬戸内(おかやま山陽に敗戦)

尾道(下関国際に大敗)

今年の中国・四国地区は出場枠が1つ増え、さらに独立してそれぞれから3校選ばれる事になりました。

中国地区大会優勝のおかやま山陽(岡山)と準優勝の下関国際(山口)は当確でしょう。

出場となればいずれの高校も夏春連続となります。

残る1枠は準決勝で尾道が下関国際に大敗しているということから瀬戸内(広島)になると思います。

 

四国地区(3校)

秋の結果 高校
優勝 明徳義塾
準優勝 英明
ベスト4

松山聖陵(明徳義塾に敗戦)

高松商業(英明に大敗)

今年の中国・四国地区は出場枠が1つ増え、さらに独立してそれぞれから3校が選ばれる事になっています。

加えて先にも書いたように四国地区大会優勝の明徳義塾が秋の明治神宮野球大会を制したため、さらに1枠が追加されました。

これによって順当に行けばベスト4までの4校が出場となるでしょう。

明徳義塾は明治神宮野球大会優勝校としての出場、四国地区代表としては準優勝の英明(香川)とベスト4の松山聖陵(愛媛)・高松商業(香川)でしょう。

 

ただ一つ心配なのは高松商業が準決勝で2-12という大敗を喫していることです。

これが強く考慮されればベスト8以下の高校からの選出となる可能性もあります。

したがって、準々決勝で英明に惜敗した高知(高知)あたりも選出の可能性を残していると思います。

 

九州地区(4校)

秋の結果 高校
優勝 創成館
準優勝 富島
ベスト4

延岡学園(創成館に敗戦)

東筑(富島に敗戦)

九州地区は例年通りの4校出場です。

九州地区大会のベスト4まで(創成館(長崎)・富島(宮崎)・延岡学園(宮崎)・東筑(福岡))でほぼ確実でしょう。

東筑は選ばれれば県立高校ながら夏春の連続出場となります。

21世紀枠(3校)

選抜独自のシステムといえば、21世紀枠です。

上にかいた各地区枠での選出以外の高校から3校が選出されます。

公平性を考えて東日本・西日本からそれぞれ1校、関係なく全国から1校が選出されるのが一般的になっています。

21世紀枠の選出には、単なる野球の強さだけではなく次のような要素が関係しています。

部員不足やグラウンドがない、豪雪地帯といった学校・地域の特性などの困難を克服した学校や、ボランティア活動といった野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を選出。

引用:選抜高等学校野球大会 - Wikipedia

もちろんこれだけではなく、野球の方の成績も加味しての各都道府県からの推薦が必要になります。

甲子園大会がいわゆるお金をかけた強豪校ばかりにならないように、創意工夫を凝らした練習で力をつけた高校や困難を乗り越えて結果を残した高校にも出場のチャンスを与えようという意図があると思われます。

 

2018年の21世紀枠の候補は各地区からの推薦校が発表になっています。

下に紹介している各都道府県の代表からさらに地区ごとに代表を選抜しています。

2018年1月26日の選考委員会でこの9校の中から3校が21世紀枠として選抜され、甲子園への切符を手にします。

地区 高校名 都道府県 秋の最終結果
北海道地区 函館工 北海道 北海道大会ベスト8
東北地区 由利工 秋田 東北大会ベスト8
関東地区 藤岡中央 群馬 群馬大会ベスト4
北信越地区 金津 福井 北信越大会ベスト8
東海地区 大垣西 岐阜 東海大会ベスト8
近畿地区 膳所 滋賀 滋賀大会ベスト8
中国地区 下関西 山口 中国大会ベスト16
四国地区 高知追手前 高知 四国大会ベスト12
九州地区 伊万里 佐賀 九州大会ベスト18

 2018年の21世紀枠については下の記事でも詳しく解説しています。

ぜひ読んでみてください。

 

各都道府県からの推薦校だった高校は以下の通りでした。

都道府県 高校 区分 秋季都府県大会成績
北海道  
青森 八戸工業高専 国立 ベスト4
岩手 久慈 県立 ベスト4
秋田 由利工 県立 ベスト4
山形 九里学園 私立 ベスト16
宮城 角田 県立 ベスト4
福島 磐城 県立 ベスト8
茨城 日立第一 県立 ベスト4
栃木 青藍泰斗 私立 ベスト4
群馬 藤岡中央 県立 ベスト4
埼玉
山梨 都留興譲館 県立 ベスト8
千葉 柏南 県立 ベスト16
東京 佼成学園 私立 準優勝
神奈川 鎌倉学園 私立 ベスト4
長野 松本深志 県立 ベスト8
新潟 長岡大手 県立 ベスト8
富山 富山国際大付 私立 準優勝
石川 飯田 県立 ベスト8
福井 金津 県立 優勝
静岡 静岡市立 静岡市立 ベスト4
愛知 愛知産大三河 私立 準優勝
岐阜 大垣西 県立 準優勝
三重 桑名 県立 ベスト16
滋賀 膳所 県立 ベスト8
京都 乙訓 府立 優勝
奈良 法隆寺国際 県立 ベスト4
和歌山 星林 県立 ベスト8
大阪 池田 府立 ベスト8
兵庫 尼崎小田 県立 ベスト8
岡山 岡山芳泉 県立 ベスト16
鳥取 米子工 県立 ベスト8
広島 大竹 県立 ベスト16
島根 大田 県立 ベスト4
山口 下関西 県立 ベスト4
香川 坂出工 県立 ベスト16
愛媛 新居浜南 県立 ベスト8
徳島 生光学園 私立 準優勝
高知 高知追手前 県立 ベスト4
福岡 小倉 県立 ベスト4
佐賀 伊万里 県立 準優勝
長崎 長崎工 県立 ベスト8
熊本 熊本商 県立 ベスト8
大分 大分舞鶴 県立 ベスト8
宮崎 福島 県立 ベスト8
鹿児島 鹿児島情報 私立 ベスト4
沖縄 石川 県立 ベスト4
広告
 

 

選抜高校野球2018の日程

2018年の選抜大会に向けた今後の日程を紹介します。

日付 行事
2018/1/26(金) 選考委員会
2018/3/16(金) 組み合わせ抽選会
2018/3/23(金) 開会式
 ~ 休養日含む13日間
2018/4/4(水) 決勝戦

 

選抜高校野球2018の注目選手

まだ出場校は決定していませんが、2018年の選抜大会出場当確のチームから数名の注目選手を紹介したいと思います。

根尾昴(大阪桐蔭)

高校野球 2018年 01 月号 [雑誌]

投手・遊撃手 右投左打

2018年の高校野球で間違いなく注目度No,1の選手でしょう。

1年夏から強豪大阪桐蔭でベンチ入りし、そのポテンシャルに注目されていましたが、ついに来春は3年生となります。

投手としても打者としてもトップクラスの選手です。

秋の近畿大会では準決勝で先発し近江を相手に16奪三振で完封勝利。

さらに決勝戦では緊迫した投手戦にケリをつけるソロホームランを放ちました。

大阪桐蔭は2017年の選抜大会で優勝していますが、その優勝の瞬間にマウンドに立っていたのは当時エースだった徳山のあとを受けたこの根尾でした。

 

市川悠太(明徳義塾)

f:id:n2a5o2c0:20171205121556j:plain

投手 右投右打

2017年秋の明治神宮大会優勝校である明徳義塾のエースです。

直球は140km/h台前半ですが、出どころの見えにくいコンパクトなサイドスローが特徴です。

明治神宮大会決勝では打たせてとるピッチングで、創成館打線をわずか4安打に抑えました。

 

藤原恭大(大阪桐蔭)

f:id:n2a5o2c0:20171205123706j:plain

外野手 右投左打

2年生ながら2017年のU-18高校日本代表に選出された逸材です。

U-18の世界大会ではほぼ全試合に1番ライトで先発し、打率.333という好成績をのこしました。

 

今年の大阪桐蔭にはこの藤原や上に書いた根尾以外にも投手の柿木・横川、主軸の中川・田中など、プロ注目の有望選手が多数所属しています。

 

選抜高校野球2018からはタイブレーク制が導入!

選手の体調面等を考慮して、2018年の選抜大会から甲子園でもタイブレーク制が導入されることが決まっています。

現時点で決定しているのは、延長12回までは通常の無死走者なしでの延長戦を行い、延長13回~15回の3イニングでタイブレーク制を導入するということだけです。

タイブレークのスタート状況をどうするのかについては検討中とのこと。

報道によれは無死一塁二塁からが濃厚だそうです。*1

タイブレーク制の導入については賛否ありますが、個人的には賛成です。

また、選手の負担が本当に大きくなる夏の大会前に一度選抜で試験的にやってみるというのも良いことだと思います。

 

選抜高校野球2018の情報誌

2018年の選抜高校野球に関する情報誌が早くも発売になっています。

僕のオススメは報知高校野球2018年1月号です!

さいごに

2018年の選抜大会についてはこれから情報が豊富になってくると思います。

選抜校に関する情報はもちろん、注目選手や入場曲、ネット中継に関する情報などなど随時更新していきたいと思っていますので、是非ブックマークしておいてください。

 

2018年の高校野球関連記事

【U-24アジアシリーズ】プロ野球チャンピオンシップ2017メンバー打撃成績・スタメン一覧

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

このページではアジアプロ野球チャンピオンシップ2017 U-24侍ジャパン日本代表選手の打撃成績を紹介しています。

なお、練習試合の成績は含みません。

各試合終了後に随時更新する予定です。

広告
 

U-24アジアプロ野球チャンピオンシップ2017メンバー打撃成績

全日程終了時点

捕手

若月健矢 #4 オリックス  
試合数 1 打点 0
打席数 0 得点 0
打数 0 犠打 0
安打 0 犠飛 0
四球 0    
死球 0 打率 -
本塁打 0 出塁率 -
       
近藤健介 #10 日本ハム  
試合数 3 打点 0
打席数 14 得点 3
打数 12 犠打 0
安打 7 犠飛 0
四球 2    
死球 0 打率 .583
本塁打 0 出塁率 .643
       
田村龍弘 #22 ロッテ  
試合数 2 打点 1
打席数 6 得点 0
打数 3 犠打 2
安打 1 犠飛 0
四球 1    
死球 0 打率 .333
本塁打 0 出塁率 .500
       
甲斐拓也 #62 SB OA
試合数 2 打点 0
打席数 6 得点 0
打数 4 犠打 0
安打 0 犠飛 0
四球 2    
死球 0 打率 .000
本塁打 0 出塁率 .333

 

内野手

京田陽太 #1 中日  
試合数 3 打点 4
打席数 15 得点 1
打数 13 犠打 0
安打 1 犠飛 0
四球 3    
死球 0 打率 .077
本塁打 0 出塁率 .250
       
源田壮亮 #6 西武  
試合数 3 打点 0
打席数 9 得点 3
打数 6 犠打 0
安打 0 犠飛 0
四球 3    
死球 0 打率 .000
本塁打 0 出塁率 .333
       
外崎修汰 #7 西武  
試合数 3 打点 4
打席数 14 得点 2
打数 13 犠打 0
安打 6 犠飛 0
四球 1    
死球 0 打率 .462
本塁打 1 出塁率 .500
       
中村奨吾 #8 ロッテ  
試合数 1 打点 0
打席数 4 得点 2
打数 1 犠打 0
安打 1 犠飛 0
四球 3    
死球 0 打率 1.000
本塁打 0 出塁率 1.000
       
松本剛 #12 日本ハム  
試合数 3 打点 2
打席数 11 得点 2
打数 10 犠打 0
安打 4 犠飛 0
四球 1    
死球 0 打率 .400
本塁打 0 出塁率 .455
       
山川穂高 #33 西武 OA
試合数 3 打点 4
打席数 15 得点 2
打数 14 犠打 0
安打 3 犠飛 0
四球 1    
死球 0 打率 .214
本塁打 1 出塁率 .267
       
西川龍馬 #63 広島  
試合数 3 打点 3
打席数 13 得点 5
打数 10 犠打 1
安打 4 犠飛 0
四球 1    
死球 0 打率 .400
本塁打 1 出塁率 .455

 

外野手

オコエ瑠偉 #9 楽天  
試合数 2 打点 0
打席数 1 得点 1
打数 1 犠打 0
安打 0 犠飛 0
四球 0    
死球 0 打率 .000
本塁打 0 出塁率 .000
       
桑原将志 #37 DeNA  
試合数 2 打点 0
打席数 5 得点 0
打数 5 犠打 0
安打 1 犠飛 0
四球 0    
死球 0 打率 .200
本塁打 0 出塁率 .200
       
上林誠知 #51 SB  
試合数 3 打点 3
打席数 14 得点 2
打数 11 犠打 0
安打 2 犠飛 0
四球 2    
死球 0 打率 .182
本塁打 1 出塁率 .308

 

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017各試合のスタメン・打順

予選第1試合・韓国戦

打順 選手名 ポジション
1 京田陽太
2 源田壮亮
3 近藤健介
4 山川穂高
5 上林誠知
6 外崎修汰
7 西川龍馬
8 甲斐拓也
9 桑原将志
  薮田和樹

予選第2戦・台湾戦 

打順 選手名 ポジション
1 京田陽太
2 松本剛
3 近藤健介
4 山川穂高
5 上林誠知
6 外崎修汰
7 西川龍馬
8 田村龍弘
9 中村奨吾
  今永昇太

 

決勝戦・韓国戦 

打順 選手名 ポジション
1 京田陽太
2 松本剛
3 近藤健介
4 山川穂高
5 上林誠知
6 外崎修汰
7 西川龍馬
8 甲斐拓也
9 源田壮亮
  田口麗斗

投手成績はコチラ