20代野球好きの生活界隈

2018年内にFA権を取得できるプロ野球主力選手をまとめました。

こんにちは、野球ブロガーのなおしー(@naoc2520) です。

 

さて、2017年プロ野球は間もなくギュラーシーズンがすべて終了します。

タイトル争いもほぼ確定し、残すところはCS・日本シリーズのポストシーズンのみとなりました。

 

しかし、シーズンが終わっても話題が尽きないのがプロ野球界。

シーズンオフにはストーブリーグともいわれる移籍市場や契約更改に関するニュースが飛び交います。

以前の記事で、2017年内にFA移籍をするためのFA権を取得できる選手をまとめました。

2017年内にFA権を取得できるプロ野球主力選手をまとめました。2018シーズンに向けた大物移籍はあるか?

今日は諸事情により少し気が早いですが、2018年内にFA権を取得できるプロ野球主力選手を紹介したいと思います。

FA権の取得と行使について

FAとはフリーエージェント(Free Agent)の頭文字を取ったものです。

FA権を取得し、それを行使すると球団の意向に関係なく個人で移籍交渉ができるようになります。

日本プロ野球でのFA権には国内FA権と海外FA権の2種類があり、それぞれ複数年の1軍登録歴によって取得することができます。

2008年以降の入団選手選手は高卒選手であれば8シーズン、大卒・社会人卒の選手は7シーズンでFA権を取得します。

加えて、外国人選手の場合はFA権を取得すると外国人枠から外れるというルールがあります。

 

FA権を取得した場合、それを行使するかどうかは選手によります。

行使する理由としてよくあるのは大きく分けると次のような3パターンです。

  1. 年俸・契約年数
  2. 球団・地元愛
  3. 選手としての起用法

一番イメージが強いのが1番だと思います。

やっぱりお仕事で野球をやっているわけですから、高いお給料で長く雇ってくれるところと契約したいですよね。

他の理由として2や3がありますが、例えば2016年オフに西武から楽天に移籍した岸孝之は2番、ソフトバンクから巨人に移籍した森福允彦は3番に当てはまると思われます。

他にも、過去には「優勝したいから強い球団にいく」などという理由でFA移籍した選手もいます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

2018年内にFA権を取得可能な選手

FA権は先にも記述したように1軍の登録歴によって取得できるかどうかが変わります。

そのため、選手の活躍次第ではFA権を取得できない場合があります。

なお年齢は2018年の満年齢、年俸は2017年の推定年俸を記載しています。

広告
 

 

FA権取得可能な投手

能見篤史(阪神)

基本情報

生年月日 79年5月28日(39歳)
ドラフト年 04年自由獲得枠
経歴 社会人
ポジション 投手(先発)
投打 左投左打
出身地 兵庫県
年俸(推定) 1億3000万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(13年)
防御率 3.72 3.32
登板 23 313
先発 23 240
6 98
6 88
S 0 0
128 1/3 1592
被安打 117 1486
被本塁打 14 136
奪三振 119 526
与四球 40 1309
自責点 53 586

2014年にFA権を1度行使している能見篤史は2018年内に再取得の可能性があります。

前回のFA権取得時には、いわゆる「宣言残留」でFA権を行使して阪神と3年契約を交わしました。*1

この経緯もありますし、年齢的に見ても2018年内にFA権を取得しても他球団への移籍はないでしょう。

 

メッセンジャー(阪神)

基本情報

生年月日 81年8月13日(37歳)
入団年 2010年
経歴 -
ポジション 投手(先発)
投打 右投右打
出身地 アメリカ
年俸(推定) 3億5000万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(8年)
防御率 2.46 2.99
登板 21 220
先発 21 206
11 84
5 70
S 0 0
139 1349 2/3
被安打 133 1218
被本塁打 5 76
奪三振 147 533
与四球 44 1160
自責点 38 448

阪神一筋で8年目が終了したメッセンジャーも2018年内にFA権取得の可能性があります。

2017年は試合中の怪我による離脱がありましたが、相変わらずのタフネスさを見せシーズン最終戦に復活しています。

2018年内には37歳になりますが、まだまだ衰えるところを知りません。

外国人選手の場合、日本国内のFA権取得と同時に外国人枠から外れるという仕組みもあります。

来シーズンの活躍次第では引く手数多になるでしょう。

 

村中恭兵(ヤクルト)

基本情報

生年月日 87年10月25日(31歳)
ドラフト年 05年高校生ドラフト1位
経歴 高卒
ポジション 投手(先発)
投打 左投左打
出身地 神奈川県
年俸(推定) 3700万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(12年)
防御率 3.07 4.24
登板 13 196
先発 0 123
0 46
0 55
S 0 0
14 2/3 803 1/3
被安打 4 809
被本塁打 0 73
奪三振 6 358
与四球 15 606
自責点 5 378

2016シーズンから中継ぎに配置換えとなっている村中恭兵。

2017シーズンは登板数が13と大幅に減ってしまいました(2016年は52登板だった)。

年齢的には若いので、まだまだ球団によっては使い所のある選手だと思います。

ヤクルトは2018シーズンから小川監督が新たに就任することが決まっており、起用法にも注目です。

 

吉見一起(中日)

吉見一起のピッチングバイブル―絶対エースに学ぶ制球力を上げるピッチング

吉見一起のピッチングバイブル―絶対エースに学ぶ制球力を上げるピッチング

 

基本情報

生年月日 84年9月19日(34歳)
ドラフト年 05年希望入団枠
経歴 社会人
ポジション 投手(先発)
投打 右投右打
出身地 京都府
年俸(推定) 8000万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(12年)
防御率 5.23 2.74
登板 14 193
先発 14 166
3 83
7 46
S 0 0
75 2/3 1124
被安打 93 1059
被本塁打 8 87
奪三振 38 218
与四球 14 733
自責点 44 342

 

中田賢一(ソフトバンク)

基本情報

生年月日 82年5月11日(36歳)
ドラフト年 04年ドラフト2位
経歴 大卒
ポジション 投手(先発・中継ぎ)
投打 右投右打
出身地 福岡県
年俸(推定) 9500万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(13年)
防御率 4.57 3.64
登板 18 270
先発 15 225
7 95
6 74
S 0 1
86 2/3 1443 1/3
被安打 82 1321
被本塁打 15 131
奪三振 78 594
与四球 40 1220
自責点 44 584

2013年にFA権を行使し中日からソフトバンクへ移籍した中田賢一です。

2017シーズンのソフトバンクは東浜・石川ら若手先発投手の台頭もあり、なかなかローテーションに定着できませんでした。

シーズン終盤にはCSへ向けた中継ぎ登板もありました。

 

前回のFA移籍時には「地元福岡」がかなり強調されていました。*2

これが本当であれば今回FA権を取得しても行使することは無いでしょう。 

 

寺原隼人(ソフトバンク)

基本情報

生年月日 83年10月9日(35歳)
ドラフト年 01年ドラフト1位
経歴 高卒
ポジション 投手(先発・中継ぎ)
投打 右投右打
出身地 宮崎県
年俸(推定) 5200万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(16年)
防御率 4.25 3.88
登板 24 278
先発 6 171
1 71
2 80
S 0 23
42 1/3 1162 2/3
被安打 45 1161
被本塁打 4 110
奪三振 28 359
与四球 18 822
自責点 20 502

過去に3度の移籍を経験している寺原隼人。

2013年のFA移籍から再取得となります。

経験豊富で先発・中継ぎ・抑えどのポジションでもそつなくこなせるのは大きな魅力です。

 

西勇輝(オリックス)

基本情報

生年月日 90年11月10日(28歳)
ドラフト年 08年ドラフト3位
経歴 高卒
ポジション 投手(先発)
投打 右投右打
出身地 三重県
年俸(推定) 1億9000万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(9年)
防御率 3.44 3.12
登板 18 270
先発 15 225
7 95
6 74
S 0 1
86 2/3 1443 1/3
被安打 82 1321
被本塁打 15 131
奪三振 78 594
与四球 40 1220
自責点 44 584

オリックスの若きエース西勇輝です。

高卒での入団から10年目でのFA権取得の可能性があります。

2017シーズンは8月22日の日本ハム戦でアクシデントにより左手首を骨折。

2014年から続いていた連続シーズン2桁勝利が途絶えてしまいました。

 

大谷智久(ロッテ)

基本情報

生年月日 85年2月14日(33歳)
ドラフト年 09年ドラフト2位
経歴 社会人
ポジション 投手(中継ぎ)
投打 右投右打
出身地 兵庫県
年俸 7700万

成績(2017年・通算)

  2017年 通算(8年)
防御率 3.12 3.49
登板 55 293
先発 0 21
3 19
2 29
S 0 0
52 472
被安打 47 469
被本塁打 5 32
奪三振 33 120
与四球 14 276
自責点 18 183

ロッテ中継ぎ陣の柱、大谷智久も2018年内にFA権取得の可能性があります。

2016年は怪我による離脱のため登板数が激減しましたが、2017シーズンは復活しています。

50試合以上に登板し、防御率3点台で23Hを記録しています。

右の中継ぎに困っている球団ならば獲得の可能性は大いにあります。

 

FA権取得可能な捕手

鶴岡慎也(ソフトバンク)

オーナーズリーグ18弾/OL18 040H鶴岡慎也ST

オーナーズリーグ18弾/OL18 040H鶴岡慎也ST

 

基本情報

生年月日 81年4月11日(37歳)
ドラフト年 02年ドラフト8位
経歴 社会人
ポジション 捕手
投打 右投右打
出身地 鹿児島県
年俸(推定) 7600万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(15年)
打率 .321 .239
試合数 29 1053
打数 28 2376
安打数 9 567
本塁打数 3 17
打点 5 239
四球 3 103
三振 3 370
盗塁 0 11

2014年に日本ハムからFA移籍した鶴岡慎也も再取得の可能性があります。

2017シーズンは育成出身の若手甲斐拓也の台頭により出場機会が激減しました。

年齢的には移籍して主力として戦うのは難しいかもしれません。

ちなみにソフトバンクは2016年オフに当時37歳だった細川亨を戦力外にしています(その後細川は楽天に移籍)。

 

FA権取得可能な内野手

上本博紀(阪神)

基本情報

生年月日 86年7月4日(32歳)
ドラフト年 08年ドラフト3位
経歴 大卒
ポジション セカンド
投打 右投右打
出身地 広島県
年俸(推定) 3300万

成績(2017年・通算)

  2017 通算
打率 .284 .268
試合数 125 591
打数 409 1779
安打数 116 476
本塁打数 9 28
打点 38 145
四球 50 218
三振 71 344
盗塁 16 83

2014年から2016年の3年間虎の選手会長をつとめた上本博紀。

2017シーズンは彼にとって復活の年となりました。

巨人畠との因縁の対決でのHRには痺れましたね。

 

鳥谷敬(阪神)

祝! 鳥谷2000安打 (サンケイスポーツ特別版)

祝! 鳥谷2000安打 (サンケイスポーツ特別版)

 

基本情報

生年月日 81年6月26日(37歳)
ドラフト年 03年自由獲得枠
経歴 大卒
ポジション サード
投打 右投左打
出身地 東京都
年俸(推定) 4億円

成績(2017年・通算)

  2017 通算
打率 .294 .282
試合数 142 1973
打数 486 7134
安打数 143 2015
本塁打数 4 137
打点 41 796
四球 76 999
三振 61 1185
盗塁 8 129

阪神一筋14年の鳥谷敬も2018年内にFA権再取得の可能性がります。

2014年オフに1度海外FA権を行使しています。

この時は敏腕代理人として有名なスコット・ボラス氏を代理人に立てましたが、メジャー球団側と契約面で折り合いがつかず阪神に残留しています。

このときに「生涯虎」宣言をしていることもありますし、FA権を取得しても行使することはないと思われます。*3

 

堂上直倫(中日)

基本情報

生年月日 88年9月23日(30歳)
ドラフト年 06年高校生ドラフト1位
経歴 高卒
ポジション セカンド・ショート
投打 右投右打
出身地 愛知県
年俸(推定) 3300万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(11年)
打率 .205 .228
試合数 91 694
打数 151 1577
安打数 31 360
本塁打数 1 17
打点 41 168
四球 9 90
三振 39 264
盗塁 0 4

鳴り物入りで中日に入団した堂上直倫もついにFA権を取得する年になりました。

2017シーズンはルーキー京田陽太の活躍で出場機会が激減。

本来のポジションであるショート以外での出場が目立ちました。

内野はどこでもできるというのはひとつの強みではあります。

 

田中賢介(日本ハム)

基本情報

生年月日 81年5月20日(37歳)
ドラフト年 99年ドラフト2位
経歴 高卒
ポジション セカンド
投打 右投左打
出身地 福岡県
年俸(推定) 2億円

成績(2017年・通算)

  2017 通算(16年)
打率 .252 .282
試合数 107 1463
打数 314 5061
安打数 79 1429
本塁打数 2 47
打点 18 462
四球 35 533
三振 36 738
盗塁 11 203

2018年には、2015年の日本球界復帰から4年目となる田中賢介。

若手の台頭とともに出場機会は減っています。

しかしメジャー挑戦からファイターズ復帰までの経緯もありますし、FA権を取得しても行使することはないと思われます。*4

飯山裕志選手の引退試合での併殺完成は感動的でしたね。

 

浅村栄斗(西武)

浅村栄斗―埼玉西武ライオンズ (スポーツアルバム No. 48)

浅村栄斗―埼玉西武ライオンズ (スポーツアルバム No. 48)

 

基本情報

生年月日 90年11月12日(28歳)
ドラフト年 08年ドラフト3位
経歴 高卒
ポジション セカンド
投打 右投右打
出身地 大阪府
年俸(推定) 1億5500万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(9年)
打率 .291 .284
試合数 143 970
打数 574 3534
安打数 167 1003
本塁打数 19 115
打点 99 518
四球 44 338
三振 96 651
盗塁 5 64

おそらく2018シーズン終了後のFA市場の目玉となるでしょう、西武の若き主砲浅村栄斗。

今は主にセカンドを守っていますが内野はどこでもできますし、もしFA権を行使するようなことがあればどの球団も獲得に乗り出すでしょう。

ライオンズも流出を防ぎたいのはもちろんですから、2018年の契約に注目です。

 

FA権取得可能な外野手

丸佳浩(広島)

広島アスリートマガジン2016年7月号“特集 丸佳浩。

広島アスリートマガジン2016年7月号“特集 丸佳浩。"

 

基本情報

生年月日 89年4月11日(29歳)
ドラフト年 07年高校生ドラフト3位
経歴 高卒
ポジション センター
投打 右投左打
出身地 千葉県
年俸(推定) 1億4000万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(10年)
打率 .308 .277
試合数 143 964
打数 556 3422
安打数 171 947
本塁打数 23 108
打点 92 443
四球 83 538
三振 113 732
盗塁 13 130

こちらも2018年シーズン終了後のFAの目玉のひとり、丸佳浩。

2017シーズンはMVP級の活躍を見せてくれました。

関東出身ということで在京球団への移籍があるのでは無いかと噂されていますがどうでしょうか?

2018年の契約に注目しましょう。

 

松山竜平(広島)

基本情報

生年月日 85年9月18日(33歳)
ドラフト年 07年大学生社会人ドラフト4位
経歴 大卒
ポジション レフト・ライト
投打 右投左打
出身地 鹿児島県
年俸(推定) 4000万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(10年)
打率 .326 .289
試合数 120 644
打数 350 1746
安打数 114 504
本塁打数 14 51
打点 77 256
四球 31 115
三振 45 216
盗塁 0 4

鯉のアンパンマンこと松山竜平も2018年内にFA権を取得することができます。

2017シーズンは間違いなく過去最高のシーズンだったでしょう。

怪我で途中離脱した鈴木誠也に代わり四番を任される試合もありました。

 

柳田悠岐(ソフトバンク)

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス) 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-490

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス) 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-490

 

基本情報

生年月日 88年10月9日(30歳)
ドラフト年 10年ドラフト2位
経歴 大卒
ポジション センター
投打 右投左打
出身地 広島県
年俸(推定) 2億6000万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(7年)
打率 .310 .314
試合数 130 710
打数 448 2400
安打数 139 754
本塁打数 31 114
打点 99 400
四球 89 391
三振 123 607
盗塁 14 118

2018年オフの1番の目玉はこの人でしょう。

かねてより大の広島カープファンであることを公言しており、移籍があるとすればカープだろうと思われます。

 

2017年の契約はまさかの前年より1000万円ダウンでした。

2017シーズンは怪我による離脱がありましたが交流戦MVP、一時は三冠王もあるのでは?と思わせる活躍でした。

ソフトバンクが流出阻止のためにどのような2018年の契約を準備するのか注目です。

荻野貴司(ロッテ)

基本情報

生年月日 85年10月21日(33歳)
ドラフト年 09年ドラフト1位
経歴 社会人
ポジション センター
投打 右投右打
出身地 奈良県
年俸(推定) 3280万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(8年)
打率 .265 .268
試合数 102 527
打数 355 1734
安打数 94 464
本塁打数 5 19
打点 24 133
四球 25 129
三振 44 194
盗塁 26 153

ロッテのスピードスター、荻野貴司はプロ9年目でのFA権取得の可能性があります。

デビューから2017円まで8年連続で2桁盗塁を記録しており、走力ではどのチームに移籍しても間違いなく戦力でしょう。

 

清田育宏(ロッテ)

基本情報

生年月日 86年2月11日(32歳)
ドラフト年 09年ドラフト4位
経歴 社会人
ポジション ライト
投打 右投右打
出身地 千葉県
年俸(推定) 5700万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(8年)
打率 .206 .262
試合数 78 635
打数 228 1990
安打数 47 522
本塁打数 3 39
打点 21 226
四球 24 223
三振 60 456
盗塁 3 33

上の荻野と同年入団の清田も同じくFA権取得の可能性があります。

勝負強いバッティングのイメージがありますが、2017シーズンは打率2割台前半と低迷しています。

守備での貢献度もあまり高くないため、正直FA宣言しても・・・といったところです。

 

角中勝也(ロッテ)

基本情報

生年月日 87年5月25日(31歳)
ドラフト年 06年大学生社会人ドラフト7位
経歴 独立リーグ
ポジション レフト
投打 右投左打
出身地 石川県
年俸(推定) 1億4100万

成績(2017年・通算)

  2017 通算(11年)
打率 .269 .293
試合数 110 843
打数 383 2950
安打数 103 863
本塁打数 8 39
打点 44 340
四球 62 360
三振 44 406
盗塁 6 56

2006年に四国アイランドリーグからの初の支配下登録選手の一人となった角中勝也。

2018年内にFA権取得の可能性があります。

もちろん彼がFA移籍をすれば、独立リーグ出身者では初のFA移籍選手となります。

2017シーズンはサブローの背番号3を引き継ぎ、選手会長にも就任しています。